シイノキネットワークでは、学校や企業の研修など、団体での農村体験企画も受け入れています。富士山を望む、ゆったりとした里山風景のなかで、農作物の収穫、そば打ち、桜の花摘み、竹風鈴づくり、民泊など、農村ならではの作業を楽しむ。その体験を通して、農村に受け継がれてきた知恵や技術を学び、自然と人とのつながりに思いを馳せる。そんなプログラムを企画・提案いたしますので、まずはご相談ください。

  • Group

    0429/Takenoko

  • Group

    1202/mikan

1.3月22日 菜の花。篠窪地域の養蜂園ではハチミツが採れる。2.4月19日 八重桜。満開になる前に摘んだ八重桜は食用となる。3.6月7日。葱の花。収穫は冬、それを越して春になると花が咲いて種を残す。4.6月20日 熟した梅の実。まだ青いうちはジュースなどに、完熟は梅酒にする。5.7月2日 キウイ。花期が終わり、梅雨の雨で実がどんどん大きくなる。収穫は10月。6.7月6日 夏蕎麦。白い花が徐々に蕎麦の実に変わっていく。7.ブルーベリー。完全に青が濃くなっていくと収穫期。丁度夏休みと同じ7月下旬〜8月末まで。8.栗。9月になると成熟した実が落ちてくる。収穫期は9月一ヶ月と短い。9.むかご。むかごご飯などをつくる。10.ザクロ。ジュースになる。11.フェイジョア 12.みかん